環適協方式(仮称)家電リサイクルシステム説明会

 

環境適正推進協会、新たな家電リサイクルシステムを構築し、来年度から運用を開始

 

 

 適正処理の推進をテーマに活動している一般社団法人環境適正推進協会※1(代表理事 浅野仁一・通称:環適協)は、一般廃棄物、産業廃棄物処理企業12社との協力により、家電リサイクルの新たなシステム(家電リサイクル環適協方式)を構築し、大手家電量販店の参加申し込みも得られたことから、来年度を目処に運用を開始いたします。

 法律施行後10年以上が経過した家電リサイクル法は、消費者に浸透し根付いた感がある一方で、「リサイクル費用の高さ」や「手続きの面倒さ」などの消費者の不満の声を反映してか、違法な不要品回収業者に引き渡された家電が不法投棄されたり、海外へ不法輸出されるなどし、環境汚染を引き起こすなどの新たな問題も発生しています。

 そこで、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、適正なリサイクルを確保しながらも、収集運搬の効率化、シンプルな設備による再資源化コストの軽減、資源売却益のリサイクルコストへの算入により、消費者が負担するべきリサイクル費用を大幅に低減しました。

 

 一例(リサイクル料金:消費税を除く。回収費用は除く)

    エアコン   現行 1500円  新方式  500円

    冷蔵庫(大)  現行 4600円  新方式 2800円 

 

 

 

  今回ご報告する新たな家電リサイクル環適協方式は、消費者の「適正にリサイクルをしたいが費用が高すぎる」「手続きが面倒」などの声を受け構築したものです。

 

 

 

 現行家電リサイクル法では、小売店が販売した時に同等品目を引き取ることを前提に考えられているため、

 

ネット販売の拡大による廃棄のみの場合が増えたことから、その手続きの煩雑さ、リサイクル費用、回収費用の高さがネックとなり、軒先まで回収に来る手軽さや費用の安さなどから違法な不要品回収業者に引き渡される家電は後を絶たず、国内外で環境汚染を引き起こすなどの新たな問題が発生しています。

 

 

 

 家電リサイクル環適協方式は、地域の適正処理を推進している一般廃棄物、産業廃棄物の許可を持った事業者の協力を得て、電話一本で軒先まで回収に伺い、家電リサイクル法の基準に準じたリサイクル率を達成しながらも、現行料金よりも低額で適正なリサイクルを行うシステムです。

 

 

 

 家電リサイクルに関しては、家電リサイクル法以外の処理方式としては「家電リサイクル大阪方式」がありリサイクルシステムが非常にシンプルに構築され、成功事例をなっており、弊協会もシステム構築に当たっては参考とさせていただきました。大阪方式は家電量販店は一切介在しておりませんが、環適協方式では、家電量販店からの参加申し込みがあったことから、家電量販店で消費者が現行家電リサイクル法のシステムか、家電リサイクル環適協方式を選ぶかの選択肢を提供できることが大きな違いであると思われます。

 

 

 

 リサイクル料金と回収料金一覧表は説明会開催時に配布いたしますが、一例を挙げますと(全て消費税別)、エアコン現行1500円を500円、回収料金を含めた買い換えの場合2000円を1300円、回収料金を含めた廃棄のみの場合3500円を3000円、冷蔵庫(大)のリサイクル料金現行4600円を2600円、回収料金を含めた買い換えの場合5100円を3800円、回収料金を含めた廃棄のみの場合6600円を5400円とします。(全て、軒先回収のため、二階、三階からの荷卸し作業がある場合は、別途料金を頂きます。)

 

 

 

 弊協会は、消費者が家電リサイクル環適協方式を利用することにより、不適正処理されたり、海外に不法に輸出される家電の減少にも多少なりとも寄与できるものと考えておりますし、自治体の責任において処理を行っている不法投棄された家電のリサイクルも積極的に行い、地域にも貢献していきたいと考えています。

 

 なお、来年度から運用を開始する自治体は、群馬県内、埼玉県内、茨城県内及び山梨県内の一部の自治体でありますが、一般廃棄物処理計画との整合を図っていただいた自治体に順次拡大していきます。

 

 

 

 処理に要する費用を抑え、消費者の負担を軽減し適正処理を推進するというテーマに積極的に取り組み、システムを構築した一般社団法人環境適正推進協会の新たな家電リサイクル環適協方式にご理解をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 この件に関するお問い合わせ先

 

 

一般社団法人環境適正推進協会  理事  高橋利行

 

電話:0495-71-7535     FAX 0495-71-7504

 

E-mail : elf@e-shinsei.info           URL : http://www.kantekikyo.org/

 

 

 

 

説明会開催

 

 

 

 

1 日時

 

  平成26年12月18日(木) 午後2時~

 

2 場所

 

  埼玉県さいたま市

 

  埼玉会館 7A会議室

 

 内容

 

  1.  (仮称)家電リサイクル環適協方式の理念、利用者及び参画業者の利益解説:代表理事 浅野仁一

  2.  (仮称)家電リサイクル環適協方式リサイクルシステムのスキーム、料金、技術的ノウハウ、法的 

    エビデンス解説。:理事 高橋利行

   3.    質疑応答

 

4 本件に関するお問い合わせ先

  一般社団法人環境適正推進協会 理事 髙橋利行

  電話:0495-71-7535

  FAX: 0495-71-7504

 

    E-mail

elf@e-shinsei.info

5  協会ホームページ

  http://www.kantekikyo.org/